antwarp

antwarp

What you can read

稽古

2017-06-23 Fri 01:58

 

新しいMVに向けて稽古をつけてもらった。

 

 

何しろ初めてのことなのでぎこちない。体も固いので馴染むのに時間がかかる。しかし2人がかりで指導してもらい、一連の動きを教えてもらった。久々に体を動かして楽しかった。今後も何らかの形で続けたいと思う。

 

 

さて、ボクは何を習ったのでしょう?その答えは来月くらいに公開されるMVで。

 

 

終わってからもしばらく汗が止まらなかった。気持ちいぃ〜ィィィ!なんてね。今日は近所のガキから紫陽花をもらったり、トールからペンダントをもらったり、師匠たちから稽古つけてもらったりプレゼント三昧だった。みんなサンクス!

 

 

 

 

挑戦

2017-06-20 Tue 02:20

 

新しいMVを撮影している。

 

 

前3作に比べて、新しい要素がたくさん加わる。曲のつくり方も変わっているので、次の作品は挑戦だらけのものになる。

 

 

そして今日、さらに協力者を得て大きな要素を加えることになった。詳細はお楽しみだが、そんなことまで自分でやるのか!という感じだ。楽しみ。

 

 

クリエイターであるには、常に工夫と挑戦の精神が必要だ。

 

 

俺はそう考えてる。(亀田の親父風)

 

 

 

 

行動力

2017-06-18 Sun 03:34

 

ホリエモンの「多動力」という本を読んだ。

 

 

前から気になっていた本で、Kindleで買うか本で買うか迷っていたが、本屋に行ったら早く読みたくてたまらなくなってしまったので買った。ここ数年感じていたことは間違っておらず、さらに一歩二歩と合理的に進めていく必要があると感じた。

 

 

このブログにはけっこう前から、もっと行動力のある人間になりたいと書いてきた。ホリエモンの「多動力」という言葉は、ボクが「行動力」と書いていたこととほぼ同義だと思う。ボクは物事をごちゃごちゃと考える前に動き出してしまうような人が羨ましいとさえ書いた。そして少しでもそういう人間になれるよう、ロクに曲も揃っていないのにソロで音楽をやるというa2fのプロジェクトを始めた。やっていく中で固まっていったことがたくさんあり、自分がやりたいことについて深く考えられるようになった。でもブレイクアウトしていくには、まだまだ自分の考え方を変えていく必要がある。

 

 

「多動力」を読んで、代替の利かない存在になるにはどうしたらいいか、効率良く作品をつくるにはどうしたらいいか、頭を整理するのに役立った。1時間くらいで読み切れるので、頭の中がモヤモヤしている人にはオススメ。

 

 

 

 

相性

2017-06-15 Thu 02:25

 

某バンドのレコーディングに参加した。

 

 

詳細は公式でアナウンスされてからにしようと思う。好きなバンドからお声がかかるのは嬉しいものだ。レコーディング自体がスムーズにいったことも良かった。持って行ったフレーズがほぼ採用されて、その場で提示されたフレーズもいい感じで弾けたと思う。

 

 

サポートで入って、自分にとっての挑戦とか遊び心がうまくハマることはそうそうない。求められていることが自分の得意なことではなかったり、自分がやってみたいことは必要とされなかったりすることが多いからだ。どんなバンドでも演奏していれば楽しみは見つけられるけど、終わった後で自分のバンドのように感じられるのは数少ないことだ。ミックスが楽しみだ。

 

 

いろいろ声かけてもらって、今年の夏はいろんなバンドで弾く機会が増えそうだ。a2fもストリーミングではない初のライブをやることになりそう。ご利用ありがとうございます。

 

 

 

 

再会、

2017-06-08 Thu 00:23

 

久々に会った仲間と演奏して感じたこと。

 

 

どんな曲でも学ぶことはあるし、楽器を通した会話は何より楽しい。そして聴いてくれる人がたくさんいれば、もっと楽しい。

 

 

一緒に演奏している仲間がその時考えていることが分かる、、これは楽器をやっている人間にしか分からないことだ。技術があるかどうかよりも、「ここはこうでしょ?」っていう感覚を共有できることがプレイヤーにとっての喜びだ。その楽しさをお客さんにも伝えられれば最高だ。

 

 

先日の演奏ではそういうことを思い出した。あともう一つ。

 

 

昔一緒にやった仲間にはやっぱり音楽をつくり続けていて欲しい。今は便利なツールがたくさんあるから、自分に合った手法で発信し続けることができる。表現したいことが無くなってしまったら終わりだが、自分の中に何かが残っているなら、それは絶対に発信するべきだと思う。どんなに忙しくても、たった一人になったとしても。

 

 

今はジャンルがどんどん細分化されて、視聴者が聴きたいものを世界中から探すことができる時代だ。メインストリームにいないボクは、何をやるにも遠慮することなんてないので、やりたいことに挑戦し続ける。そしてどこかで同じような信念を持つ仲間がいれば、繋がって一緒にやっていきたいと思う。

 

 

過去に切磋琢磨した仲間は残念ながらメインストリームでやれている人は少ない。だけど一人でも多くの人に発信し続けていて欲しい。諦めるなってことではなくて、やりたかったけどやってないことがまだあるだろ?やり方だっていくらでもあるだろ?ということだ。

 

 

今までうまく言葉にできなかったけど、なんとなくスッキリするものがあったよ。藤井くん、マサオ、Cho-5、サンクス。