antwarp

antwarp

What you can read

message

2019-06-26 Wed 02:32

 

物事がうまくいかなかった時、その失敗を否定することでしか乗り越えることができなかった。

でもこれからは受け入れる努力をしようと思う。

 

 

独特の嗅覚でも持っているのか、いつもボクが落ち込んでいる時に突然メールしてくる奴がいる。

 

 

 

 

何気なく書いた一言だろうけど、いろいろ救われた。そんな風に思ってるとは知らなかったから。

自分たちで最高と思えるものをつくったという感覚を共有できて、生まれてきてよかったとさえ思った。

 

 

いいことも悪いことも全部受け止めて、その上で何かを表現できる強い人間になりたい。

 

 

 

 

ThinkThrice

2019-05-19 Sun 18:10

 

次のイベントのもう1人の出演者ThinkThriceについて。

 

 

彼は実は今日本に短期滞在中で、毎日連絡をとっている。彼のミュージックビデオを撮影のお手伝いをしていて、簡単な通訳や相談に乗っているのだ。

 

 

ボクはお人好しではないので、誰でも手伝うわけではない。人物と音楽が気に入ったからこそサポートしている。彼のつくる音楽とボクがやりたい音楽はわりと近い色合いを持っている気がして、そこが気に入った点なのかもしれない。

 

 

まあ何はともあれ聞いてもらって、ちょっとでも気になったらイベントに来ていただきたい。彼は7月いっぱいは日本にいるので、他のイベントへの出演も大歓迎のはず。日本に憧れ、念願叶って奮闘しているアメリカ人のライブを見て欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

Charolastra

2019-05-14 Tue 03:08

 

制作モードに入ると恐ろしく昼夜逆転してしまう。

 

 

0からつくるのも楽しいが、最近はテーマを元に展開していくリミックスのようなつくり方が楽しい。同じフレーズをまったく別のコード進行の中で使ったり、ビートを半分や倍にして切り替えたり、まあそれほど奇抜なことはやっていないつもりだが、縛りを入れつつどこまで違うものにできるかという挑戦は新鮮で楽しい。

 

 

気がつけば多くの人が出かける時間、自分でもどうしてこうなってしまうのか分からない。が、没頭することが大事だ。

 

 

なんだかしばらくボーッとする日々が続いていたので取り戻せて嬉しい。日本でライブをやりたいと言って連絡をくれる友人達のおかげだ。

 

 

今回は5月29日のイベントに出演してくれる友人の一人を紹介。アトランタからやってくるCharolastraことPeter Roglinだ。彼とは夏にアトランタの808 Festで共演した。彼もボクと同じようにバンドとソロの両方で活動している。

 

 

彼の音楽はメロディアスな部分も強く、日本人にもけっこう馴染みがあると思う。今回はDJセットで参加するが、どんなパフォーマンスをしてくれるのか楽しみだ。

 

 

キーボードとエレクトロニクスがピーター、ドラムがVLSC Recordsのディラン

 

 

 

 

 

 

Vice Versa

2019-05-08 Wed 02:18

 

2019.5.29 Wed

@Shibuya White Space Lab

ThinkThrice

Charolastra

antwarp 2nd floor

Open 19:30 START 20:00

DOOR ¥1,500- ADV ¥1,000-

 

アトランタの友人2人を招いてイベントを開催する。2人ともセンスと才能に溢れている。南部のアンダーグラウンド・ミュージックに触れる機会はあまりないと思うので、彼らの音楽への情熱を感じていただきたい。

 

何度かに分けて彼らの魅力を紹介していこうと思うのでチェックしてくれ!

 

 

 

 

 

win-win

2019-04-25 Thu 23:17

 

自分が楽しいことを優先してきたつもりだが、最近すごく周りに助けられている。

 

 

ボクが提案したことを楽しみにしてくれる人がいるからだ。自分が楽しくて周りも楽しめるならこれほど素晴らしいことはない。巡り巡って自分のモチベーションアップにも繋がる。

 

 

そしていい関係が築けた時こそ、結果を出したい。

 

 

今、新しい作品の制作とアトランタの仲間とのイベントを計画している。近日中に詳細をお知らせできると思うのでお楽しみに。