antwarp

What you can read

kakushin

2018-01-26 Fri 02:44

 

西麻布Bullet'sライブ終了。

 

 

今回はある確信が持てた。a2fはこのスタイルで絶対間違いないということだ。機材のセットアップ、会場の雰囲気、共演者、クレイジーな環境でなければ評価されない音楽なんだと思う。ストリーミングライブからは得られない実感があった。

 

 

ボク自身いつもアヴァンギャルドな音楽をやっていたいわけではなくて、キーボーディストとして関わっている他のバンドのようにポップなものも好きだ。ただ、自分が関わっているバンドは好きでも、そのバンドを取り巻くシーンは好きになれなくて、居心地の悪さを感じることはある。長らくその違和感を説明する言葉が見つからずにいたが、少しわかった気がする。

 

 

ボクは何かの焼き直しではない、カテゴライズできないモヤモヤを表現しようとしている人が好きだ。他のバンドの現場で対バンなどを見て違和感を感じるのは、すでにその道の第一人者がいるところで勝負しようとする人がけっこうな割合でいることだ。その方が手っ取り早く売れるからやるのだろうけど、つまらなく感じる。ボクがライブを見ていて一番楽しい瞬間は、その人の狂気の部分が晒された時だ。自分が関わっているバンドはそういうものを秘めたバンドだと思っているし、ソロであるa2fはなおさらそこを重視してやっていきたい。

 

 

だからこの確信を元に、今回のような環境で活動を続けていきたいし、共演者と高め合える現場にいたいと思った。