antwarp

What you can read

art

2018-05-06 Sun 01:38

 

ボクには無性にアートに触れたくなる周期のようなものがある。

 

 

ネットで適当に今やっている展示を探して、五木田智央の個展を見に行った。SNSなどで名前や一部の作品は見たことがあったがほとんど予備知識はなかった。

 

 

オペラシティアートギャラリーという初めての場所、初台ならチャリだなと夕方出発した。GWだがとても空いていて見やすかった。全体的に作品が大きくてざっくりしたタッチのようだが、エネルギーに溢れていてインパクトがあった。最後の方に小さな作品を壁を敷き詰めるようにたくさん並べた一群があってしばらく目を奪われた。

 

 

画家は代表作となるような大作の他にも膨大な量の小品を日々描いていて、アウトプットを続けている。それを並べて新たに一つの作品として捉えてみると、様々な感情が詰まったアートに仕上がるのだと思う。全体で見て、一つ一つを見て、また全体を見る。ボクには正しいアートの鑑賞の仕方はよく分からないが、見方がたくさんある作品は愛される作品だと思う。

 

 

別のフロアで他の作家の作品も見ることができて、その中の平子雄一も面白かった。若手の作家らしいが、迷いの森に入ったシャガールという感じだった。絵だけでなくオブジェもあって、流木と粘土による森男みたいな作品はフィギュアっぽさもあり、身近なアートだと思った。

 

 

日々の生活に息苦しくなった時、アートは心をフリーにしてくれる。いつもフレッシュな気持ちで音楽をやっていきたい。