antwarp

What you can read

Atlanta vol.6

2018-08-12 Sun 12:50

 

今回の滞在はコリンの家に泊まらせてもらえるということだったので、あまり服を持って行ってなかった。

 

 

一軒家なので当然洗濯できるだろうと思って気にしていなかったのだが、どこを見渡しても洗濯機がない。不安になって聞いてみたら、ないと言われた。え、どうしてるの?と聞いたら、彼もルームメイトも親の家や友達の家に洗濯しに行くらしい。

 

 

わざわざ洗濯しに車で人の家に行くのかよ!って感じだが、そこは車社会アメリカということらしい。別に彼らが特別なことでもない様子だ。

 

 

そんなわけで、急遽洗濯の日になった。コリンが仕事に行くついでにspeak easy promotionに行って社長のブランノンの家で洗濯することになった。

 

 

この時になって初めて今回のライブの仕掛け人がブランノンであることを知る。彼はアトランタで10数年前にプロモーション会社を立ち上げ、大物を呼ぶようになったアトランタミュージックシーンの重要人物なのだ。何気なく握手してた彼がそんな人物だと知らなかった。しかも洗濯させてもらったりなんかして。

 

 

彼の仕事場を見学させてもらって、終了後は地下鉄に乗って観光に繰り出した。初めての地下鉄だ。MARTAといってアトランタの東西南北を繋いでいる。日本のSUICAやPASMOのようなカードにチャージして乗る。

 

 

この日はまずレノックス・スクエアというショッピングモールに行った。割と高級なブランドが入っているモールだったが特に買うものもないので、地下のフードコートでランチを食べて終了。ウーバーに乗って不思議な観光名所へ移動した。

 

 

アトランタ・ボタニカル・ガーデン。植物園だ。ここは広大な敷地を誇る庭園と植物で加工したオブジェが魅力。なぜそんなにまでしてオブジェを作る必要があるのかはよく分からない。お化け屋敷のように突然設置されていたり、熱帯の植物は暗闇と霧の中で育てられていたり、不思議な場所。これについてはまた別途記事を書きたい。

 

 

夜はスピークイージーの手がけるイベントへ。メインアクトはLil Ugly Mane。知らなかったがすごい人気だった。実はその日出演したLord Narfの方がボクのお目当てだった。アップルミュージックでたまたま出会って気に入ったAwful Recordsのアーティストだったからだ。しかもAwfulのカリスマ、Etherealも一緒だった。ネットで出会ったローカルなアーティストを実際に見るのはなかなか興奮する。実際のライブは音源と全く違ってかなりアグレッシブだ。

 

 

コリンとも話したんだが、アトランタが面白いのは観客の盛り上がりがすごいところだ。自分が好きな音楽に対してみんなクレイジーになる。そしてDJは観客の反応をダイレクトに感じて、どんどん自分のプレイを修正していく。それが音楽の現場主義を産み、常にホットなものは現場にあるという共通認識をつくっている。

 

 

これはニューヨークでも見られない傾向らしい。あいつらは腕組みして聴いている、とのことだった。昨年コリンと渋谷のクラブに行った時に、「なんでみんなフロアで話をしてんだい?」と言っていたのを思い出した。後にも感じたが、クラブはダンスしてエネルギーを発散させる場所。日本のクラブがファッションだと言われるのも分かる。

 

 

日本をディスるつもりはないんだが、大事なのは現場主義と大好きな音楽に自由に身を委ねる姿勢だと思う。それが音楽を常にホットなものにするし、生活に密着した大切なものにする。まあ一方でアトランタは、もっとメディアを使えばビジネス的に成功しそうな人がたくさんいて、それもどうなのかという感じだが。つづく