antwarp

What you can read

Atlanta vol.7

2018-08-14 Tue 01:11

 

前日の夜、コリンが「明日は仕事がないから観光に連れて行く」と言っていたんだが、なかなか起きてこなかった。

 

 

少し待ったが、疲れているんだろうなと思って1人で家を出た。行き先はファーンバンク自然史博物館。ここのウリは大きな恐竜の骨格標本。様々な生物に関わる企画も展示方法が工夫されていて面白い。この時は、様々な時代・国の食生活が食品サンプルで再現ており、フビライ・ハーンより貧しい食生活をしていることにちょっとショックを受けた。

 

 

3DシアターでBBCの映像を見ていると、コリンから連絡が入る。迎えに来てもらって、ボクが注文していたアメリカ南部料理を食べにBBQに行くことになった。

 

 

てっきり網やコンロを貸してくれる所でバーベキューするのかと思っていたが、普通のハンバーガー屋のような佇まい。メインとなる肉の種類やサイドメニューを選んで店員が作ったコンボセットを運んでくるようだ。それにしても相変わらずサイドメニューに野菜がない。唯一コールスローがあっただけで、残りはフライドポテトやオニオンリング、マッシュビーンズなどだ。スモークチキンとリブのフライ、コールスローとオニオンリングを頼んだ。

 

 

運ばれて来て驚いた。フライされたリブが4つにスモークチキン1つ、器いっぱいのコールスローに肉より大きなオニオンリングが5つ。パンもついている。1日1食でも一度では食べられない量だ。オリジナル・スイート・ビネガー・スパイシーの4種類から好きなソースをかけて食べる。うん、料理というか焼いたり揚げただけだよね、と思ったが、これがアメリカンスタイルなのだと無理矢理納得した。たいして会話もせず一心不乱に食べたが半分以上をボックスに入れてお持ち帰りすることになった。

 

 

その後はリトル・ファイブ・ポインツという日本でいう下北沢みたいな所に行ったり、コリンおすすめの公園やショッピングモールに行った。とにかく1つ1つが離れているので、車で移動して駐車スペースを探しての繰り返し。街中で歩いている人が少ないなと思ったら、みんな車で移動して公園に行ってジョギングなどしているのだ。

 

 

夜はいよいよボクも出演した808festの第1夜。昨日と同じ会場でメインアクトでRas Gが出演した。最初の方に地元のトラックメイカーが数人プレイし、最後にRas Gが出てきた。

 

 

この日の出演者はみんなインストのトラックメイカーだった。ほとんどの人が同じテンポ・同じビートで自分のトラックを流すため、途中で飽きて帰る人が多かったようだ。Ras Gが出て頃には客が半分くらいになっていた。

 

 

前日はものすごい盛り上がりだったのに、ネームバリューではあんまり惹かれないようだ。この辺も日本とは違う気がした。Ras Gの前2人がいまいちだったのが大きかった。その2人もアトランタでは有名なトラックメイカーのようなので、1つ前の記事でも書いたように観客のリアクションを見て、次回すぐに修正してくるんだろうなと思う。

 

 

ライブは楽しかったが2人とも随分やられて終了。つづく

 

 

肉より大きなオニオンリング

 

 

 

 

リトル・ファイブ・ポインツの有名なレストラン、ヴォルテックス。ちなみにこの辺りはホームレスやヤク中が多いのであまり写真が撮れない。