antwarp

What you can read

nagasaki vol.1

2019-03-17 Sun 03:14

 

一番インスピレーションを得られる場所はどこだろうと考えたら、長崎が真っ先に浮かんだ。

 

 

北海道と関西は毎年行っているので、それ以外で歴史と文化が充実した街、しかも都会すぎない場所。長崎はそれらを満たす場所だ。しかも軍艦島はyoutubeで見漁るほど憧れの場所だった。佐世保のハンバーガーや長崎市内の教会などにも興味があった。

 

 

朝早く出発する飛行機で福岡へ飛ぶ。博多駅からハウステンボスへ。一人旅にもかかわらず、1日目はハウステンボスを攻めることに決めた。

 

 

広大な敷地に西洋建築が並ぶ。中のアトラクションやお店はテーマパークそのものだが、ガチャガチャした様子はない。驚いたのはVRやプロジェクションマッピングが充実していること。お化け屋敷もジェットコースターもVRゴーグルだ。プロジェクションマッピングで川の向こうの建物に画面を映し出した巨大なインベーダーゲームなどもやっていた。

 

一人でよくアトラクションに乗ったなと思われるだろうが、チケットが1dayパスしかないので乗らないと損なのだ。ハーネスをつけて長いジップラインもやってみた。高台から一気に滑り降りて風が気持ちよかった。

 

 

パーク内のミュージアムではミュシャ展をやっていた。500点ほど集まっていて、世界最多数のミュシャ展だった。しかも人が少なく、ゆったりと見えた。展示室にボクしかいない時間もあったくらいだ。

 

 

夜になると有名なイルミネーションとパレードが始まり、昼間何もなかったエリアが実はLEDで埋め尽くされた夜景スポットだったことが分かった。確かに綺麗で圧巻だが、一人で見ていると切ない。仮面舞踏会というイベントもあったが、流れている音楽が70年代ディスコの曲ばかりで意味がよく分からなかった。

 

 

それでも閉園近くまで滞在し、佐世保に向かった。駅に着くと雨が降っていた。何も食べていなかったので、ホテル周辺で飲食店を探すも、あまり空いていない。少し離れたところに評判のいいラーメン屋があったので行ってみた。

 

 

他に店が空いていないせいか、店は大盛況だった。忙しそうに働いている若い店員の中、おばちゃん店員が丁寧に対応してくれた。佐世保名物ではないが、店のおすすめの高菜ラーメンを頼んだ。塩辛いが麺の食感がよく、九州に来たんだと実感した。

 

 

クラブに行ってみたかったが、雨が降っているので面倒くさくなってやめた。残り2日間も歩き回ることを考えると夜更かしはできないとも思った。明日は佐世保フードを満喫しなければならない。早起きしようと。

 

 

〜つづく〜

 

 

 

スリラーシティはマッド・シティ

 

ポルセレインミュージアムの伊万里焼

 

ミュシャ展

 

チューリップと試験管でつくられたオブジェ