antwarp

What you can read

nagasaki vol.5

2019-03-28 Thu 22:29

 

今回最大の目標である軍艦島。その昔本屋で写真を見てからいつか行ってみたい場所として心の片隅にあった。

 

 

そのうちテレビやネットでも度々取り上げられるようになり、世界遺産になったこともあり、メジャーな観光地になった。上陸は現地のツアー会社に申し込んでクルーザーに乗って向かう。天候によって上陸できる日とできない日がある。

 

 

なんと雨だった前日は午前午後ともに欠航していた。この旅を決めた時点では2日目に行くつもりだったので、変更して運がよかった。それでも出発前に、波が高いので上陸するかどうかは船長の判断と言われていたくらいだ。

 

 

事前にネットで調べて、値は張るが実際に軍艦島に住んでいた人がガイドをしてくれる会社に申し込んだ。ツアー前にデジタルミュージアムで島の歴史をざっくりと頭に入れ、優先搭乗でクルーザーに乗り込む。ガイドの話を聞きながら1時間弱船に揺られると、廃墟の島が見え始めた。

 

 

デッキに出て撮影タイムとのことだったが波が高く、捕まっていないとスマホを落としそうだった。個人的にはなるべく人が写り込んでいない画を撮りたかったんだが、非常に難しかった。

 

 

ドルフィン桟橋に着いていよいよ上陸。観光できる場所は3箇所で、それぞれのポイントに止まっては話を聞きながら写真や映像を撮る。残念なのは、島の外周部分からしか見ることができないこと。倒壊の恐れがあるため、島の内部や建物が密集しているところには特別な許可がないと入れない。

 

 

すると、どうしてもツアー参加者の写真は似通ったものになってしまう。あまり知られていない場所や多くの人が見落としがちな風景を撮りたかったので、あちこち見回したり、姿勢を低くしてみたりするのだが、どこもかしこもカメラを向けられていた。

 

 

そんなわけで、撮影としてはこれだと思うものが撮れなかった。ただ、歴史としては興味深いし、他にもこんな場所がないだろうかとロマンを抱かせてくれる。

 

 

ツアーから戻ってきてもう一度デジタルミュージアムに足を運んだ。実はVRで立ち入り禁止区域を体験することができ、これがなかなか楽しい。また、当時住んでいた人たちのインタビュー映像などもあり、ネットの情報の中には真実でないものも含まれていることが分かった。

 

 

最近よく思うのだが、歴史に残るような体験をした人は、ぜひとも自分の記憶を記録に残して欲しい。映像や録音が身近になった今では、個人レベルで昔の体験について証言を残すことができる。そういう証言がたくさんあることで、何が真実で何が歪曲されたものなのかが判断しやすくなる。今ボクたちの周りで起こっていることも、いつか後世に違う切り取られ方をされ、誤った解釈をされてしまうかもしれない。今が仮に過ちの多い時代だったとしても、できるだけありのまま捉えてもらいたいと個人的には思う。

 

 

その後グラバー園、大浦天主堂などを見て回る。長崎の景色は昼間もいい。ちょうどグラバー園から街を見ていた時に14:46を迎えた。その日は3月11日、東日本大震災の時間だった。黙祷のアナウンスがあり、湾内の船が一斉に汽笛を鳴らした。初めての経験だった。

 

 

長崎は鎖国時代唯一開かれた港だっただけに教会やキリスト教関係の施設が多い。隠れキリシタンの話なども興味深かった。そんなに大きくない都市ながら、キリスト教・原子爆弾・軍艦島など近代日本において重要な土地で、見るべきものがたくさんある。スイーツから海の幸・中華までの食べ物や夜景もあり、ほとんどの人がどこかに引っかかるのではないかと思う。

 

 

開かれた港という土地柄か、接客などを見ていても観光地特有の厚かましさがなく、オープンマインドな印象を受けた。ボクの中ではかなり好印象な街だ。

 

 

今回の旅で一番印象に残ったのは苦労して登って眺めた鍋冠山からの夜景だ。もう一人では行きたくないが、これを読んでいる人にはぜひ一度見てみて欲しい。できれば一人で心細くなるところも体感して欲しい。

 

 

最後にオススメしたい旅を書いておく。大きな都市もいいが、自分なりのテーマを持って旅先を決めること。歴史・文化・食・景色・そこに住む人など、複数のジャンルに渡って興味をそそられる場所がいい。そういう旅をすると、少し考え方が変わったり、広い視野が持てるようになる気がする。

 

〜おわり〜