antwarp

What you can read

one more day

2019-10-27 Sun 19:44

 

初めて会った人が助けてくれて、好きなものに近づくことができた。

 

 

そこにいるのが楽しかったから自然と笑っていただけなんだけど、近くの人に肩を掴まれて、お互いニッコリ笑ってサムズアップしたら、グイッと引き寄せてステージ前の最前列に押し込んでくれた。そして、ボクはその日一番のラッキーボーイになった。

 

 

心から楽しめるところに飛び込んで、笑っていれば運が回ってくる気がした。ボクは大抵ムスッとしていて他人に愛想を振りまかない。端っこで睨みをきかせているような態度が自分らしさなんだろうと思ってきたし、それを理解して接してくれる人しか信用できないと思っていたからだ。

 

 

でも、本当に好きな場所にいれば自然と笑っている。品定めされるような世界にはちょっと疲れた。単純に自分も周りもハッピーになれる場所にいたいと思うようになった。だからこれからつくるものは作風が変わってくると思う。

 

 

ボクに足りなかったのはスマイルだったね。今さらだけど。

 

 

曲も映像も最高で泣きそうになる