antwarp

What you can read

Portland Vol.1

2019-08-24 Sat 05:06

 

5日目はタイラーの車に乗ってポートランドへ。

 

 

そこにはタイラーと同郷のオマリというヒップホッププロデューサーがいて、ボクも以前聴いたことがあって気に入っていた。ポートランド滞在のメイン目的はオマリ・ジャズとのビートメイキングということになった。

 

 

もともとはシアトルよりもポートランドに行きたくて、街のことなどもいろいろ調べていた。仕事があって日帰りするタイラーには悪いが、ホテルをとって3日間滞在することにした。

 

 

3時間の移動中に考えていたことは、アメリカの音楽の聴き方は車が中心にあるんじゃないかということ。流れてくる音楽を聴いていると、日本では退屈に感じる種類の音楽がアメリカではとても心地よく聴こえる。湿度の違いからか、ドラムの音も乾いて聴こえて、走行音に埋もれずにビートが立って聴こえるのがすごく気持ちがいい。東京で電車中心の生活で、しかも数十分乗っては歩く、という生活をしている人とは根本的に求めている音楽が違う気がした。だが、音楽を楽しむ上では、明らかにアメリカの方が楽しかった。純粋に音楽にどっぷり浸れる感じがした。

 

 

ポートランドに着いてオマリに会った。オマリは自分の家から布にくるんだシンセを持ってきて、友達の家でビートメイキングをやるという。そこでマイケルというまた別のプロデューサーの家にいき、広いホームスタジオでセッションしながらビートをつくった。

 

 

マイケルのスタジオへのお金のかけ方はなかなかのものだったが、何よりも一番の驚きはオマリの嗅覚だった。4人が出すアイディアの一番いい部分を即座に抜き取ってコラージュする。そして脳が揺れるほどのビートの揺らぎを生み出す。

 

 

相性のいい人とセッションをすると感じるんだが、素晴らしいセッションは言葉の違いを超えて影響し合う。ボクはオマリの英語がなかなか聞き取れなかった。しかし、一緒に演奏していると、誰よりもオマリのメッセージが理解できた。それはオマリも同じだったようで、少し集中力が切れてきても、ボクが新しいアイディアを出すと「続けてくれ」という。そしていいフレーズを抜き取って重ねたり、自分も新しいフレーズを弾き出す。

 

 

人生で「コイツは!」というほど相性がいいと思った人は、数えるほどしかいない。オマリはボクが出会った外国人の中で、初めてのそういう存在だった。

 

 

結局4人で7時間くらいかけて2曲つくった。

 

 

その後タイラーにホテルまで送り届けてもらい、ボクは楽しみにしていたACE HOTELに泊まった。明日の仕事のために夜通しで帰るタイラーにはちょっと申し訳なかった。

 

 

 

ポートランドのコントロールボルテージは素晴らしいシンセショップ

 

Omari Jazz

 

タイラー

 

マイケルとオマリ

 

エースホテル

 

つづく

 

 

 

 

Seattle Vol.3

2019-08-20 Tue 18:43

 

3日目はチェックアウトギリギリまで寝て、パイクプレイスマーケットをうろついた。

 

 

スタバの1号店やらピロシキやらクラムチャウダーやら、ガイドブックに載っているようなものはだいたい食べた。タイラーの仕事が昼過ぎまでだったので、ドーナツ屋で合流、そのまま楽器屋やらレコードショップ巡りをした。レコードは嵩張るので、カセットテープ巡りに変更、単価も安くて4本ほど買った。タイラーから1本チック・コリアをプレゼントされたので計5本になった。

 

 

夜はまた家でビートメイキング。楽しいが体力的には結構辛い。部屋も狭くてぐっすり寝れないと分かっているので、余計辛い。でも作ることは楽しい。

 

 

4日目はどこに行きたいかと聞かれて、適当に山に行きたいと答えたら、マジの山に連れて行かれた。

 

 

シアトルよりもポートランドで山を体験したいと思っていたのだが、タイラーが仕事でポートランドに宿泊できないことが分かっていたので、シアトルで連れて行ってもらうことにしたのだ。

 

 

2人とも日常的に鍛えているタイプではないのに、いきなりガチの山登りが始まって、こんなはずじゃなかったと思った。すれ違う人はトレイルランをしていたり、トレッキングポールを持った人ばかり。一番元気だったのはタイラーの愛犬メイビーだった。

 

 

そういえば体調が万全じゃなかったことも思い出し、いつ終わるのか聞いたら「最後まで行くならあと5時間くらい」と言われて冗談じゃないと思った。もういいだろ、ということで引き返してカフェに行ったりレコードショップに行ったり。ところが、アイスクリームを食べた直後に「美味しそうなチーズケーキ屋があるよ」と言われ、死ぬほど甘いものを食べた。タイラーは何も言わないとやり過ぎる人なのかなと思った。

 

 

帰ったらぐったりでとてもじゃないがビートメイキングする余裕などなく、爆睡した。

 

 

タイラーの部屋でのビートメイキング

 

カフェでもビートメイキング

 

 

楽器屋の壁画

 

ガチ山

 

つづく

 

 

 

 

Seattle Vol.2

2019-08-17 Sat 04:40

 

 

タイラーは次の日も仕事なので、朝一緒に家を出る。昼過ぎまで適当に観光地を回ったところで途方に暮れた。

 

 

また夕方まで歩き回るのは辛い。だんだんと咳と鼻水が止まらなくなり、自分の中のリトルリューチに尋ねた。「お前いけるか?」と。すぐに「ムリ」という返事が返ってきたので、ホテルを探し始めた。

 

 

シアトルに限らずアメリカはホテルが高い。日本のビジネスホテルにあたるものがほとんどない。高級ホテルかホステル、あとはAirbnbだ。ちょうどその時いた場所の近くにホステルがあったので、すぐにそこを抑えた。さっさとチェックインをして寝たかった。

 

 

4人部屋の下のベッドでラッキーだった。上のベッドへのハシゴを昇る気力も残っていなかった。日中なので誰もいないだろうと思って、1人モード全開で咳をしたり鼻をかんだりして横になっていたら、実は真上のベッドに中国人が寝ていたようだ。物音を立てることもなく、トイレに立つ様子もない。コイツも具合悪いんじゃないかと思ったくらいだった。ボクはそのまま夜中までベッドで眠り、おそらく彼もそのまま寝ていたようだった。中国人と分かったのは、ボクが目を覚ました時に、枕元に彼の領収書が落ちていたからで、わざわざ起こすほどのことでもないのでそっとしておいた。

 

 

夜中に目が覚めて街歩きしてみようかと思ったが、咳が一向に治らないのでやめてまた寝た。こうして2日目は何もすることなく過ぎた。

 

 

スタバ1号店

 

アマゾンの本社がありamazon goの店舗もある

 

アマゾンスフィア

 

チフーリ・ガーデンアンドグラス

 

チフーリからのスペース・ニードル

 

 

つづく

 

 

 

 

Seattle Vol.1

2019-08-17 Sat 04:24

 

今回の旅はシアトル・ポートランドを巡り、仲間とビートをつくるというのが目的だ。

 

 

もともとライブはできたらいい、くらいの気持ちだったので、特に期待はしていなかったが、ビートをつくるのにどれだけ機材を持っていけばいいか悩んだ。キーボーディストとしてはやはり鍵盤を1つは持っていきたい。そして、リズムマシンとエフェクター。あとはライブが入った時用の、バックトラックを再生できるもの。

 

 

家を出る直前まで悩んで、エフェクターは諦めた。友達のタイラーがギタリストなので、コンパクトエフェクターくらいあると考えた。いつものシンセとサンプラー、あとはMacでだいたいのことはなんとかなるだろうと、いうことでパッキングした。それでも小さめのスーツケースでは厳しかったので、着替えの服を1日分減らした。洗濯が心配だったが、どうにかするしかない。

 

 

昨年のアトランタが至れり尽くせりだったので、なんとなく気合いも入らず、まあ泊めてもらえるし、困った時は適当にホステルやホテルに泊まろうと思っていた。この気合いの足りなさが、旅の序盤を困難にしたと思う。滞在3日目にして前2日の記憶がほとんどないので、急いで書き始めた次第だ。

 

 

そもそも飛行機を羽田発だと思っていたし、喉が痛いのもクーラー直撃の状態で寝ていたからで、1週間の海外をあまりにも舐めていた。成田で「喉が痛いがハンバーガーを食べたくなったので大丈夫」なんてツイートをしたが、今の状態ではとてもじゃないが言えない。

 

 

約9時間のフライトで、現地は朝。タイラーの仕事が終わるのを待つため歩き回った。日本のようにコインロッカーがないので、ホテルでも取っていないと、荷物を持ったまま歩き続けないといけない。たまに垂れ落ちてくる鼻水をすすりながら歩き続けた。

 

 

シアトルのダウンタウンはコンパクトなので、だいたい歩いて回れる。それがさらに自分を追い込むことになった。「これくらい荷物があっても歩ける」と思ってしまうからだ。初日から欲張るべきではなかった。

 

 

悪いことにタイラーとの待ち合わせ場所も勘違いしており、同じドーナツショップの別店舗に行くという始末。合流するまでに2時間近くかかり、疲れきっていた。

 

 

タイラーから「家に泊まっていいけど狭いよ」とは聞いていた。そうは言ってもアメリカ人の家、泊まっていいというくらいだからボクの家より広いだろうと思ったら、とんでもなかった。日本でいう学生寮くらいの広さで、ベッドとキッチンとバスルームだけといった感じだった。ボクの寝る場所はキッチンの下のスペースだ。そこにタイラーの使わないブランケットとクッションを敷いて寝る。そこら中を走り回るタイラーの愛犬メイビーもいる。

 

 

もうその辺りから朦朧としていたようだ。寝るまでに2曲ほどつくったが、何を弾いたかさっぱり覚えていない。咳も出始めて、疲れ果てて寝た。熟睡することもなく数時間で目が覚めた。これをずっとはキツイなと思った。

 

 

パイクプレイスマーケットからの海岸沿いの眺め

 

シアトル美術館のアフリカンカルチャーの展示は圧巻

 

 

テイラーに連れて行ってもらったシアトル一番のビーチ

 

 

 

つづく

 

 

 

 

stand up

2019-08-13 Tue 01:45

 

好奇心が強いので、いろんなことに興味を持っては手当たり次第に手をつけている。

 

 

相変わらずの夜行性で、夜中にアイディアを思いついては連絡をとる。巻き込まれる人はたまらないだろうが、勢いのあるうちに動きたいのでお構いなしに送りつけているというわけだ。

 

 

立ち止まると暗い気分になってしまうので、新しいことに挑戦し続ける。できあがったものがダークだったとしても、自分が最高に楽しんでいれば、それはボクにとってハッピーな結果だ。

 

 

そういう結果を残しにしばらく仲間のところに行ってくる。レポートはこまめに残す予定。