antwarp

What you can read

シャク&リハビリーズ

2019-12-28 Sat 02:08

 

12月27日吉祥寺Planet Kのライブをもって7年くらいやってきたシャク&リハビリーズを脱退した。

 

 

ファン、スタッフ、メンバーのみんなが納得できる理由を考えてみたけど、うまく見つからなかったので、特にコメントは出さなかった。ライブが終わって、まあこれかなと思うことを記しておく。

 

 

最新アルバムの"You gotta the funk!!!"が完成して、今の自分の力量ではこれを超える作品がつくれないと思った。メンバーのモチベーションを上げながら、次にやって欲しいことを伝える術が分からなかった。

 

 

最後の方にいろいろ悪態をついたので、メンバー・スタッフは相当ムカついたと思う。そういうところも含めて、自分の器の小ささを実感した。

 

 

ボクにもっと技術や魅力があれば、集客力があれば、前面に立って楽しくできたと思う。ステップアップしていけるような気もしていたけど、思うように結果が出ない苛立ちや、プライベートでも躓いたりして、だんだん訳が分からなくなった。結局は自分自身をコントロールできなくなった、という話。

 

 

きっとバンドには向かない性格なんだと思う。いつも一人で暴走してぶち壊すから。なので、あらためて一人に戻って、海外や新しい場所に突撃していこうと思う。

 

 

好き勝手やらせてくれたメンバー・スタッフに感謝。新体制では、みんなのいいところが活きる音楽をつくって欲しい。

 

 

応援してくれたみなさん、ありがとう!公式からちゃんとコメント出せなくてごめんなさい!

 

 

気がついた人だけ読めばいいと思うので、シェアはしなくていいよw

 

 

では。

 

 

 

 

-

2019-12-18 Wed 02:48

 

映画をたくさん見たり、漫画を一気に読んだりしているんだが、選ぶものがどれもテーマが重くてまいっている。

 

 

何も考えずに楽しめるものがいいんだが、そういう性分なのかな。普通にスカッとするものを教えて欲しい。

 

 

矯正中で歯は痛いし、リラックスしたいんだよな。

 

 

 

 

want

2019-12-16 Mon 01:39

 

ふと思った。

 

 

「この人と何かをつくろう」と自分が思った時には、ものすごい早さで動くことができる。そこに遠慮はなくて、wantの連続で、「俺はこれがやりたい。お前はどうしたい?」というやりとりでどんどん進んでいく。あとで振り返ると、よくあんなにアグレッシブになれたな、とビックリする。そういう時間は濃密で、達成感がある。

 

 

うまくいかない時は、そもそもボールが返ってこない。返ってこないから待ちくたびれる。しまいには飽きてしまってどうでもよくなる。

 

 

これは音楽だけでなくて、人間関係も同じだ。反応がなく、「ああ、なんか迷惑なのかな」と思った時点で、冷め始める。お互いに、「あれがやりたい」「これもやりたい」とならないと、「無理しなくていいよ」と思ってしまう。そういうやりとりなしでも大切だと思える相手は稀だ。実際に家族以外では一人しか思い浮かばない。

 

 

まあ何事もタイミングがあるから、誰とだって今日と明日で関係性が変わるかもしれない。ただ、うまくキャッチボールができた相手のwantにはできる限り応えたい。そんなことを思った。

 

 

 

 

青の洞窟

2019-12-09 Mon 01:36

 

イベント帰りに青の洞窟を見て思い出した。

 

 

ちょうど一年前、バーミングハムから来たブレイクを招いてライブをやった。ライブのフライヤーを持って一緒に渋谷を巡り、最後に青の洞窟を見た。初めて海外の音楽仲間を招いてやったライブだった。あの時は、自分が日本にいながら海外の仲間と繋がっていくなんて思いもしなかった。その後、タムリック、ピーター、サビオ、ショーニーとボクにコンタクトを取ってライブをしたいと言ってくれる仲間が増えた。その他にも、音楽はやっていないけど会いたいと言ってくれる人もいて、一緒に街歩きしたり居酒屋に行ったりした。

 

 

いろんなイベントに足を運んだり、初体験のことにも挑戦するようになった。自分が詳しくないことに二の足を踏むボクとしては、大きな変化だったと思う。

 

 

うまくいくと思っていたことは結果が出ず、諦めかけていたことや思いもよらなかったことの方が順調だった。人生思い通りにはいかないもんだ。じゃあ来年は?と聞かれたら、望んだものを手に入れることよりも、もっと自分自身が変わっていたいと思う。一年後に、何を経験し、どんな考えを持っているのか、ちょっと楽しみだったりする。

 

 

では、もっと変わるためにはどうするべきか。環境を変えるというのは大きな要素だ。不安はあるが、そうしないと変われないんだから仕方がない。

 

 

ワクワク60%、不安40%。不安が40もあるのに進みたいと思えるのは自分でも驚きだ。でもワクワクが勝っているから仕方ない。

 

 

そんなわけで、ボクは楽しんでいる。うまくいかないことも、落ち込むだけじゃない人間になりつつある。はず。

 

 

 

 

time

2019-11-26 Tue 01:52

 

自分のイベントに大阪ライブ、そして風邪悪化とあまり余裕がなかった。

 

 

見返すと演奏中もなんだか苦しそうにしていたので、自分で映像をアップするのはやめた。短期間で2つのプロジェクトのお披露目を準備したり、片言でコミュニケーションを取りながらトラブルを回避できたのはよかった。一緒にやったサビオもショーニーも面白いパフォーマンスをしてくれた。そして何よりも当人たちが楽しんでいたように思う。

 

 

打ち上げをできなかったのでもう一度3人で会いたかったが、できなかった。でも彼らはボクほど残念がってはいなかった。すぐに別れが来るのが分かっていたから、その時を精一杯楽しんでいたんだろう。ボクはいつも終わってから、ちょっと無理してでもやっておけばよかった、と思うことがたくさんある。

 

 

時間に限りがあるからこそ、何かを動かす力が生まれるんだなと強く感じる。リミットがなければ、ボクが新しいプロジェクトを披露することも、もっと遅くなっていたはずだ。

 

 

今を精一杯楽しむというのは、一見、後のことを考えてなくてバカな行為だと思われがちだが、本当は楽しいことからやった方がいいんじゃないだろうか。子どもの頃に、自分を制して努力し続ければ、その先にもっといいことがあると教わったが、もうそんなのは時代遅れのような気がしている。やりたいことは無数にあるし、できる時にすぐに行動してやっておかないと、そのままチャンスを逃してしまう。きっと美味しいものだって、最後までとっておかずに、温かいうちに食べた方が満足感が高いはずだ。

 

 

海外の友人と出会う度に、自分の常識がぶち壊されるので、新鮮で楽しい。あまり先のことを考えても何が起こるか分からないので、今やりたいことを一生懸命やるべきだな。